俺は4★歳だ!

私の誕生日が近づいてくるにしたがって、 妻は、頻繁に、 「もうすぐ48歳やねえ」 とか、 「49歳になってしまうやん」 とか、 「どうすると、もう、50歳よ」 とか、むかつくことを言っていた。 全部、嘘である。 47歳が本当なのだ。 さて、誕生日当日、家族全員でケーキを食べていると、妻が息子と娘に確認した。 「あんたた…

続きを読む

娘は起こされ、息子はほっとかれ

ある日の朝、娘は起きていた。 6時ぐらいだったか・・・。 とにかく、この地域の小学校は朝が早い。 寝ぼすけの娘にとっては、辛いことで、妻に起こされることもしばしば。 その日もそうだった。 妻から起こされたようだった。 私も、寝ぼけながら、よしよし起きているなと一安心。 また、ひと眠りした。 私が起きるのは7時20分だからね。 一番遅いのだ。 …

続きを読む

我が家の常識は実家の非常識

<a href="http://www.bidders.co.jp/affiliate/keyword.html">ビッダーズ アフィリエイト</a> 妻の実家での話。 おばあちゃんは言った。 「お風呂どうぞ」 それを聞いた息子は、驚いたように言った。 「えっ!?今日はお風呂の日やないやろ。昨日、入ったやん」 我が家では2日連続でお…

続きを読む

我が家のパソコン争奪戦

◆関連リンク◆ パソコンショップのリンク集 家電・AV機器サイトのリンク集 会社から帰って、PCの電源を入れた。 「あっ、ちょっと見たいとがあると」 妻にPC取られた。 夕食をはさんでほぼ一時間だった。 「オレ、9時から予約」 今度は、息子にやられた。 だから、妻と息子の間の30分を、かろうじて私の時間にあてた。 …

続きを読む

家庭内騒音公害

私が中学生の頃は、部屋にこもりっきりで、家族とはろくに話もしなかったもんだったが・・・。 息子は違う。 家族と一緒に、リビングにいることが多い。 昨日もそうだった。 ソファに座っている私の横で、ゲームをやっていた。 家庭教師ヒットマン REBORN!DS フェイスオブヒートII 運命のふたり 特典 特製ボンゴレDSタッチペ…

続きを読む

1,000円カットのお店

「あっ、そうだ、DEMI(息子の名前です)を床屋に連れてってあげてよ」 土曜日の昼のことである。 突然、妻が私に言った。 「中学生やけん一人で行けるやろ」とか「近所の店でいいやろ」とか逃れる術を散々探ったが、ことごとくはね返された。 結局、1,000円カットの床屋さんに息子を連れて行くことになった。 わざわざ車でである。 散髪代節約のため、ということで。 …

続きを読む

我が家で人気の「兼業主夫(?)の独り言」

なんか知らんが、最近、息子が私のこのブログを見始めた。 テーマ「息子」の記事を中心に。 なんせ、このブログは2004年7月からスタートしているからね。 ちょっとしたアルバムか、ビデオか、って感じ。 特に、今は松山に引っ越した後だから、福岡を懐かしんでいるのかも。 そしたら、今度は、 「お兄ちゃんだけずるいー」 と、娘が見たがった。 待つこと…

続きを読む

こもり部屋誕生!!

私はテレビをあまり見るほうではない。 そして、我が家は決して裕福ではない。 その結果、テレビは一台しかなかった。 しかーし、異変が起きる。 それは、私が5月に、突然、季節外れの転勤になったことだ。 それ故に、一時的に単身赴任をせざるを得なかった。 慣れぬ仕事に、一人ぼっち。 しかも、唯一の趣味のブログができぬ(福岡へパソコンを置いてきたからね)。…

続きを読む

家族でビンゴ

皆さんご存知のBIGLOBEビンゴ。 昨日まで、マイカードはわずかにリーチ1列。 一列もビンゴになりやがらない。 しかーし、今日の3つの数字で状況は激変。 リーチが4列に。 「おっとー、これは意外な展開」 と、取得していなかったボーナス数字をGETすることに。 面倒くさがりやだから、2つは取っていなかったんだね。 一つは温泉の口コミ情報の書き込み。…

続きを読む

家族に感謝。

日曜の夕方になると、お決まりのサザエさん症候群の発作がおきる(笑)。 たまらない嫌~な気持ちだ。 慣れない苦手な仕事ばかりの今は、尚更である。 5~8月の単身赴任だった頃はひどかった。 パソコンも無かったしね。 私得意の、夢の中への逃避行がお決まりのパターンだった。 (このように眠れたし、また食べれもしたから、大したことは無いのかもしれないけどね:笑) …

続きを読む

杞憂だった家族移動

家族で行こうと決めて、8月17日零時ちょうどに松山へ上陸したマイ家族。 行く前は、登校拒否にならないだろうか? 3ヶ月ぐらい様子を見て、ダメだったら戻ればいい、ということまで考えてた。 身内が亡くなったときぐらいしか、電話したことがない母が、孫のことが心配で何回もTELしてきた。 義父も同様で、私に単身赴任を薦めた。 ところがどうだ。 フタを開けてびっ…

続きを読む

前途多難なブログ新生活

引っ越しも完了し、ブログ生活が復活するのは間違い無いと思われた。 ……思っていた。 しかーし、確実に時間は経っていた。 子供たちは成長していた。 CDを聞くようになった。 娘は「おとうさん、お風呂一緒に入ろー」と言わなくなった。 転校の新しい生活にも慣れたと言った、早々と。 そして………、 …

続きを読む

単身赴任物語8【単身か家族かの答え】

単身赴任を始めて3ヶ月。 慣れぬ仕事に、慣れぬ環境。 それにもまして、家族がいない一人ぼっちのさびしい環境は、正直辛かった。 でも、それももうじき終わり。 ただいま、引越しの真っ最中。 家族4人、4LDK分の引越しともなると大事だが。 それもまた苦にならず。 だって、家族4人で暮らせるのだから・・・。 ただ、引越しの日までに荷造りは間に合う…

続きを読む

私は守り神?!

「もーっ、MOBI。がいなくなったら、なんでこんなにいろいろあるのかしら」 今日、妻から電話がかかってきた。 洗濯機が壊れたという。 水がちょろちょろとしか出なくなったので、説明書通りに掃除して元に戻して、さあ、れっつらごーとスタートしたら、水がドバーっとあふれ出したとな。 本当に壊れていたのか、妻が事態を悪化させたのかは定かではないが、結局、あさってメーカーの人…

続きを読む

単身赴任物語3【単身か、家族か】

タイトルを見て、「あれっ?単身だったけ?」 と疑問に思われた方は素晴らしい。このブログをよく読んでいらっしゃる、ということになります。 そう、単身赴任は一時的なものです。夏休みには家族も来る予定になっています。 それまでの期間限定のテーマです。 ただ、現在、困ったことになっています。 というのは、息子が首を縦に振ってくれないのです。 「友達がいれば行くけど」 …

続きを読む

風邪を引かない馬鹿家族(笑)

先日、置き薬屋さんが我が家へ来たそうだ。 でも、来年のカレンダーを持ってきただけで、手ぶらで帰ったんだって。 というのは、我が家の薬箱の薬が一個も減ってなかったから。 3~4ヶ月ぶりに来たんだと思うんだ。 つまり、3~4ヶ月の間、家族四人全員が、風邪も引かずお腹も壊さなかったということ。 馬鹿は風邪を引かないと言うけれど、あれは真実だね(笑)。 い…

続きを読む

「お父さん」と「ケータイ」と「結婚できない男」

DVD 「結婚できない男 DVD-BOX」【送料無料】 私は、また、結婚できない男を見始めた。 3度目、いや、4度目か・・・・?(笑)。 すると、息子が来た。 息子も好きなんです(笑)。 続いて娘も来た。 「ビデオ止めとって!トイレに行って来るけん」 というぐらい娘も大好きなんです(笑)。 まあ、それはいいとして、「結婚できない男」には、ケータ…

続きを読む

Are you happy?

上司が言った。 「家に帰りたくない、というヤツがおるっちゃんねー」 それを聞いた私は、なんか「えっ??」という感じ。 『会社に行きたくな~い』とは、何万回も思ったことがある私だが(笑)、 『家に帰りたくな~い』なんて、思ったことがないぞ。 それどころか、寄り道したこともほとんどなく、一目散に家に帰るって感じ。 これって、家族が好きってことかあ? …

続きを読む

教育?食い意地?

息子が紅白饅頭を持って帰ってきた。 卒業式で出たものらしい。 息子は、一人で食べるつもりだったが、妻が待ったをかけた。 「一人で食ったらいかんったい。みんなに上げんと~」 と、いきなり半分ずつに切り、2個を家族四人で食べれるようにした。 『人が喜ぶことをすることが大切ということを教えたかった』と妻は主張していたが、息子は 「ずーーーーっと、卒業式で座っ…

続きを読む

四者四様

息子がメガネを壊してきた。 サッカー中もメガネをかけていたからだった。 私:「サッカーをするときはメガネをかけるなと言ったやろー、顔にボールが当たったら失明するかもしれんとよー、ゲームもできんごとなるし、本も読めんごとなるとよ、後悔してからじゃ遅いっちゃけんねー!!」 (悲観的で心配性な父親です) 息子:「大丈夫とよー、僕は…

続きを読む

やはり、夫よりも子供優先か~!!

ある平日の話。 目が覚め、時計を見ると8時ちょうど。 「・・・・・・・・・・ん?」 寝ぼけているので、しばらくは、状況を把握できない。 「・・・・・・・・・・今日は土曜日だったっけ?」 違う!水曜日だった!!! いつも7時半に起きているのに、既に8時!! ガバッと起きて、 「なんで、起こしてくれんとよー」 と、妻に文句…

続きを読む

最高の誕生日

家に帰ったのは夜の10時半。 当然、子供は寝ているはずだった。 『ガチャリ』(ドアの鍵を開ける音です) 「お父さん、誕生日おめでと~う」 息子はお手製のクラッカー(?)で紙吹雪を舞わせ、娘はこれまたお手製の笛で『ぴゅ~、ぴゅ~』とやっている。 「なんで起きとうとや~?」 「お母さんの許可が出とうとよ~」 仕事のことで頭がいっぱいだった私は、その日が自分の…

続きを読む

家族と仕事

「起きてー!!」 3度目の妻の呼びかけだった。 「先週の仕事」の疲れがどっと出ていた私は、子供と一緒に寝てしまっていた。 それでも、妻は容赦はしない。 「もう、つまらんやーん」 と、何度も私を起こそうとする。 先週一週間、毎日、仕事で私の帰りが遅かったから、妻も話し相手が無く、ストレスがたまっていたのだろう。 しぶしぶ、やっとの思いで起きた私だったが、リビングの床にゴロンと…

続きを読む

最大級だった台風13号

「最大級の警戒を!」 そんなテロップがテレビで流れた。 台風13号の話である。 「エッ、うそっ」 外を見ると、風も雨も大したことはない。 「どうせ、ここ福岡は大丈夫だろう」 と高をくくった。 というのも、先日福岡を直撃した台風12号(だったっけ?)も、「本当に台風?」と言いたいぐらいの雨風だったし、過去、福岡・佐賀で『恐い台風』になどお目にかかったことはなかった。 だ…

続きを読む

今年の母の日は

「花はやめよー、列になっとーやん」 母の日の昨日、プレゼントを買いに来たのだが、花屋のレジに並ぶ長蛇の列を見て、私は息子にそう言った。 しかし、息子は言った。 「お父さんは、他の買い物をしとる間、僕たちは並んどくけん、いいやろ」 (へ~っ、私が言うまでは母の日であることさえ知らなかったのになあ)と感心した。 買い物を終え、花屋へ見に行くと息子と娘が可愛く並んでいた。 そし…

続きを読む

大人になって良かったことは?

息子とお風呂に入っていたら、唐突に質問をしてきた。 「おとうさーん、大人になって良かったことって何があるー?」 (うっ、鋭い質問をしやがる、なんて答えようか) と、たじたじになった私だったが、思いつくままに答えた。 「子供ができたことかなあ」 「ふ~ん」 とっさの答えだったが、なかなかの答えだったようだ(自画自賛)。息子も納得したようだったし。 改めて振り返って…

続きを読む

一番問題だったのは?

我が家としては珍しく、ゴールデンウィークに遊園地へと出かける計画を立てた。 妻は言う。 「問題はMOBI。っちゃんねー」 早起きがめっぽう苦手な私が起きれるかどうか次第だというのだ。 妻は早起きの名人。 息子も名人。 私の血を引く朝が苦手な娘も、休日だけは早起きだ。 だから、私だけが問題だ、というのだ。 しかし、ここに弁護人がいた。 それは息子だ。 大変嬉しいこと…

続きを読む

おじいちゃんへのプレゼント

妻から何度も催促された。 時間が無かった私は、息子に 「書くや~?」 と言った。 「ウン、書く」 と言った息子だったが、友達の家へと遊びに行ってしまった。 ブログよりも友達と遊びたいというわけだ。 ウン、それが子供らしい。いいぞ、いいぞ。 というわけで、私が書いています。 妻も私も一目見て気に入りました。 息子と娘の合作です。 おじいちゃんの似顔絵は、息子の自信…

続きを読む

ブログ規制?【家族でブログ】

妻は以前からブログのネタの提供者だし、息子は既にブロガーデビューを果たしている。 そして、娘もお兄ちゃんに影響され、この前、一行だけ入力した(笑)。 このようにブログは我が家でしっかりと市民権を得て、生活にどっしりと根付いている。 しかし、これが裏目に出ることもある。例えば、 「そういえば、DEMIは○○○と言ったことがあったなあ」 すると、即 「あっ、お父さん、そのこと…

続きを読む

3月14日のお話(その3)

「3月14日のお話(その2)」の続きです。 「別の店に行くのもかったるいし、このポケモンビスケットを二人で分けてもらうか」 と思った私であった。 しかし、このブログの熱心な読者ならお分かりであろう(何?誰もそんな人はいない?:笑)、私は何件もお店を回る習性があるのだ。 この日もそうだった。 平日の夜だというのに、次なるお店に向かった私だった。 妻の怒りに触れるのが怖かった…

続きを読む