ソニータイマー

利用者の間では、ソニー製品は一定期間、使用すると「ソニータイマー」が働いて故障すると指摘する声もある。信頼を取り戻すため、ソニーはもう一度製造業の原点に戻るべきだ。 これは、『ソニーパソコン電池1000万個回収』(9/30付読売新聞朝刊)の中の一文である。 以前「「私」と「SONY」の相性」という記事を書いたことがあるけれど、私が買ったSONY製品は、ほとんど5年以内で壊れてきた。 私…

続きを読む

嫌:飲酒運転&ケータイ運転

最近は、全国的に飲酒運転撲滅キャンペーン中(?)のようだが、 もう一つ、キャンペーンを追加してもらいたいものがある。 それは、携帯電話をしながらの運転の撲滅。 相変わらず多いんだよ。 「危ない運転だなあ」 と思って、運転手を見ると、片手に携帯電話が。 また、ひどい人になると、前を見ずにケータイを見ながら運転している。 脇見運転でも重大事故につながるのは、先日の保育園児の列に突っ…

続きを読む

学校不信

今日、娘の体育の授業がありました。 つまり、跳び箱があったのです。 結果は・・・・・、 五段も跳べたそうです。 妻による跳び箱の猛特訓のおかげでしょう。 素直に嬉しかったです。 でも、あきれもしました。 「学校の先生は何を教えているんだ?」 と、思ったわけです。 一段しか跳べなかったのに、一夜にして五段跳べたわけですから、 学校で、ちょっとコツを教えたら跳べる…

続きを読む

佐賀のがばいばあちゃん

妻が言った。 「良い本らしいよ~」 次の日、我が家には『佐賀のがばいばあちゃん』があった。 私は佐賀出身だし、島田洋七のおばあちゃんの話が話題になっていることも知っていた。 だけど、映画も見たことはなかったし、本にも興味を示していなかった。 しかし、こうして『佐賀のがばいばあちゃん』の方から、私の元へやってきた。 本が好きな私は自然と読み始めた・・・・。 「…

続きを読む

跳び箱の猛特訓

それは、お風呂場で明るみとなった。 妻:「跳び箱三段飛べる人は何人いると~?」 娘:「33人中32人よ~」 妻:「じゃあ、二段は~?」 娘:「33人中32人・・・」 妻:「ん? CIEは何段飛べると~?」 娘:「・・・・・・・・・、一段しか飛べんと~」 風呂から上がるやいなや、妻の猛特訓が始まった。 妻が、息子が、跳び箱代わりになっ…

続きを読む

似たもの親子(無謀な買い物編)

小2の娘は、友達と買い物をしに行った。 カードでも買いに行くんだろう、と思っていたら・・・・、 なんと、目覚まし時計を買ってくるではないか。 「いくらやったと思う~?356円よ~♪」 と、得意気に言う。 しかし、もちろん、私からも妻からも怒られたヨ。 誉められると思っていたのに、意外な私たちの反応に、娘はべそをかいたねえ。 最初はおばあちゃんからもらった3,…

続きを読む

意外な一面

パソコンをやりすぎた私は、目が真っ赤な状態で出社した。 すると、 「どうしたんですか~、本でも読んでたんですか?」 ときた。 『MOBI。=本』というのが、会社での私のイメージである。 逆立ちしても、 『MOBI。=パソコン』 とは出てこない。 ましてや、私がブログを立ち上げているなどとは、夢にも思っていないに違いない。 まるで、破裏拳ポリマーにでもなった気分だ。 い…

続きを読む

ふれあいタイム

今週の月曜の夜、3連休が終わろうという頃、 私がブログをやっていると、テレビを見終わった息子がやってきた。 「明日から、また、お父さんと会えんくなるけん、今のうちにふれあいターイム!!」 と言って、くっついてきた。 続いて、娘も私の膝に乗っかってきた。 仕事で家に帰るのが遅いから、平日はなかなか子供たちと接することができないのだ。 だから、子供たちは私のところに寄ってきた…

続きを読む

電子暗記カード<メモリボ>

今の単語カードはスゴイらしい。 昔は自分で書いて、ペラペラとめくったものだったが・・・・。 今は、単語カードもデジタル機器となり、単語は入力するか、専用コンテンツからダウンロードするか、Webサイトからコピペして、パソコンで編集するらしい。 だから、単語カード20冊分を記憶できるし、ボタンを押すだけで画面が切り替わり、問題と答えが表示できるという。 また、機能としては、暗記できたもの…

続きを読む

最大級だった台風13号

「最大級の警戒を!」 そんなテロップがテレビで流れた。 台風13号の話である。 「エッ、うそっ」 外を見ると、風も雨も大したことはない。 「どうせ、ここ福岡は大丈夫だろう」 と高をくくった。 というのも、先日福岡を直撃した台風12号(だったっけ?)も、「本当に台風?」と言いたいぐらいの雨風だったし、過去、福岡・佐賀で『恐い台風』になどお目にかかったことはなかった。 だ…

続きを読む

小中高生の家庭教師選び

隣のおうちには、家庭教師が来ているようだ。 お子さんは娘さんなのだけれど、先生は男性だ。 「大丈夫かな?」 「同性の方がいいんじゃないかな?」 とか思ってしまうが、それは余計なお世話で、余計な心配というもの。 ただ、 「どうやって、家庭教師を選んだんだろう?、探したんだろう?」 とふと思ったことがある。 当たりはずれも多かろう。 そんなとき、こんなサイトを見つけた。 …

続きを読む

お得な情報【ファミマカード】

今の世の中はカード時代だ。 いろんなカードがある。 時代の流れになかなかついていけない私でさえ、4~5枚は持っているのだから、何十枚と持っている人もいることだろう。 そんな中、いつのまにやら、コンビニにもカードが登場したらしい。 その名は、ファミマカード。 ファミリーマートのカードである。 コンビニといえば、スーパーと違って『値段が高い』のが普通だが、このファミマカードを使え…

続きを読む

「チャングムの誓い」と「チャンプル」

「お父さーん、ネットで調べたいことがあるとー」 「なーん?」 「えーとねー、チャンプルを探して欲しいとー」 (ほー、子供でもチャングムの誓いが好きなのかー、人気やねー) と思っていると、まるで私の心を読んだかのように、 「チャングムやないよー、チャンプルやけんねー、カード屋さんよ~」 と、息子が言う。 ああ、カードショップね、と納得。 そのお店のU…

続きを読む

ご先祖様の来襲?

お盆に墓参りに行けなかったので、先週の日曜日に行ってきた。 最近、誰も来ていないようで、墓までの小道には蜘蛛の巣が張っており、払い除けながら進まねばならなかった。 お墓に着くと、これがまた凄まじい。 枯れ葉の山だった。 「お盆にも誰も墓参りに来なかったのかなあ」 と思えるぐらい。 せっせ、せっせと、掃除を始めたのだが、 「蚊がいっぱいいる!」 と妻が言う。 「そう?」 …

続きを読む

「第8回★「もしも○○円あったら、何に使う?」」について

もしも1億円あったら・・・・・・・・・。 速攻で今の会社を辞めて、 3000万円をどこかに寄付して、 今のマンションは誰かに貸して、 実家に帰って、 プロのブロガーになる(笑)。 もしも、独立開業の月収が数万円にしかならなかったとしても、 残りの7000万円と家賃収入で、子供が独立するまでは何とか生活できるだろう。 とにかく、家族と過ご…

続きを読む

息子とカゴメ「野菜生活 紫の野菜」

kumachanさんのブログで、『カゴメ 野菜生活 紫の野菜で視力が良くなるらしい』ということを知り、そのことを息子に伝えたら、 「飲む!飲む!」 と言う。 「目を大事にしろ」と口をすっぱくして何度も何度も言っても、ゲームはするわ、テレビは見るわ、暗いところで本は読むわ、という状態だった。 だから、、本人はは目を良くする気はないんだろう、とあきらめかけていただけに、意外な反応…

続きを読む

経済感覚

「142円!!  高っ!!」 「138円!!  安っ!!」 これは、小学5年生の息子の言葉である。 ガソリンスタンドの価格の表示を見る度に反応していたヨ。 一方、この子の母親(つまり妻のこと)は、息子の補聴器の電池が思いもよらぬ安値で変えたので、大喜びしていた。 何度も何度も、 「良かったねー」 「ラッキーやったねー」 を連発して、ニコニコだ。 ちな…

続きを読む

経済格差

主婦はスーパーウーマンではない。 ごはんを作れない日があっても仕方が無かろう。 というわけで、 我が家の昨日の晩ご飯はカップ麺。 しかも、「『サ●ー』よりも『マル○ョウ』の方が安いとよー」ということで、わざわざ遠い方のスーパー『マル○ョウ』へと買い出しに行った。 一方、我が家と同じ4人家族のご近所さんは車でお出かけ。 どうやら、いつも通りの行動パターンで、レストランで外食…

続きを読む

真ん中らへん

この記事は妻からの依頼です。 「みんなに聞いて~」 と言うのです。 事の発端は、子供が毎朝見ているテレビ番組。 司会者が「答えは真ん中らへんにあります」と言っていた事に始まる。 「この真ん中らへんがおかしい。」 と妻は言うのである。 「あれって、方言じゃないと~?」 と妻は言う。 妙に気になるようだ。 「今日も言いよったとよ~」 …

続きを読む

「第7回★「あなたの危機一髪体験」」について

大学2年の時、私は中退を決意した。 このまま在籍してもしょうがないと思ったからである。 やりたい仕事を考えたときに、大学を卒業する必要がないと判断したからである。 だから、前期試験は初日こそ受けたものの、2日目からは完全にボイコットした。 別に何の問題もないはずだった。 しかし、躊躇する気持ちが働いたのか、クラブの先輩に相談してしまった。 案の定、止められた。 こんこんと朝…

続きを読む

事故女

「また、事故を見たとよ~」 と、妻はよく口にする。 ほとんど毎日言っているような・・・・。 おそろしい・・・・。 妻が行くところ、ことごとく交通事故が発生しているんじゃないか? と言いたいぐらい。 しかし、かくいう私も安全男とは言い難く、今まで4~5回は見たかな? ちなみに今日も見た。 もちろん事故の決定的瞬間ではないけれど。 今まで見た中で最大規模。 交差点…

続きを読む

グーグルのアクセス解析

『グーグルのアクセス解析』なるものを、とくみつさんのブログで知った。 元々約5万7000円のソフトが無料で使えるというのだから、スゴイ!!!! 迷うことなく私も導入することにした。 しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・・、 分からねーーーーーー。 トラッキングコードというものを</b…

続きを読む

妻と私の感覚のズレ

「今から帰るけん」 と電話があったのは16時ぐらいじゃなかったっけ? ということは、もう2時間以上も過ぎている。 でも、まだ帰ってこない・・・・・。 (あっ、とっとっと、帰ってきた。ということで、この話はちょっと中断。→23:10続きを書き始めました~♪タイトルも変えました~♪) 自転車で20分の距離だよ。 何やってんだか・・・・。 寄り道するなら電話をしなけりゃいいの…

続きを読む

妻の怒りを静める方法

その日、妻は怒っていたようだった。 でも、私も精神的にボロボロの状態だったので、妻の相手をしようとせず、 「ゴメン、話す元気もないとー」 と言った。 これが失言だった。 一言二言私に捨てぜりふを残して、どこかに消えた。 やがて、戻ってくると、布団にうつぶせになってふて寝。 夕食を済ませた私は、 「やれやれ・・・・」 と思いつつ、妻の足を揉みだしたのだった。 妻曰く…

続きを読む

仮病?

夏休みのある日、 「お腹が痛ーい」 と、娘は学童保育を休んだ。 しかし、妻は仕事を休めなかったようだ。 娘のことが心配だった妻は、昼過ぎに家に電話をかけた。 「おなか、どう?」 娘は答えた。 「おなかいっぱいよ~♪」 最後まで読んでくださって、あ…

続きを読む