判官贔屓?

私と妻は何から何まで正反対なのだけれど、意見が合う数少ないことの一つに、N▲Tとコカ●ーラが嫌いということがあげられる。 特にハッキリとした理由があるわけではなく、『何となく嫌い』という感じである。 ただ、両者に共通するのは業界トップの会社だということ。 ちなみに、私はト■タも嫌いだ。 どうやら、業界トップの会社は嫌いになる傾向にあるようだ。 いわゆる『判官贔屓』というやつかな? (…

続きを読む

妻への言葉

この一週間、残業ばかりで、家に帰るのは午前0時過ぎばかりだった。 でも、妻は、毎日私が帰ったら、眠い目をこすりながら起きてきた。 えらいなあ。 典型的な朝型人間で、夜はめっぽう弱いくせに。 朝は私より数時間も早く起きなければいけないのに。 それでも、真夜中に起きてきて御飯の準備をしてくれた。 まあ、私が食べ終わってから、起きてきたこともあったけどね(笑)。 …

続きを読む

人は減って、ペットが増える?

私が勤める会社では、包装袋などを作っているのだが、最近、ペットフードの仕事が増えているような気がする。 特にドッグフードの袋が多い。 人の子供が減っている変わりに、ペットが増えてきているのだろうか。 子供を産む変わりにペットを飼っている? んーーーーーん、これではまずい気がするなあ、まあ、何となくだけれど・・・。 経済財政諮問会議は今年4月、2030年の目指すべき将来像…

続きを読む

すれちがい

妻と子供たちが一週間ぶりに帰ってきた。 しかし、私は残業、残業。 帰宅は夜の0時過ぎばかり。 これでは、子供たちと話す時間がほとんどない。 実質的な再会は週末になってしまいそうだ。 あー、でも、週末は私は疲れてダウンしているかも・・・。 そして、子供たちは友達の所に遊びに行く可能性が高い。 こんな時、しみじみと思う。 「何のために働いているんだろう…

続きを読む

ウインカーのつけっぱなしに注意

ウインカーを点滅させたまま走っている車がいますよね、ときどき。 今までは 「あーあ、気付いてないんでやんの、ハハハ」 ぐらいに笑って済ましていました・・・・・・・・・。 妻と子供を博多駅まで送っていく途中の話です。 お盆ということもあって道は空いており、スイスイと走ってました。 やがて、大きな交差点に来ました。 私たちはここを右折しなければなりませんでした。 対向車は直進…

続きを読む

昼休みに仕事をする男

私が働く職場には、昼休みにも働く人がいる。 最初は、仕事が多いので仕方なく昼休みにも仕事をしているのだろうと思っていた。 しかし、忙しくないときもやっていた。 どうやら、絶えず仕事をしていないと落ち着かないようだ。 あるいは、仕事をやる以外に休み時間の過ごし方を知らないかだろう。 昼休みに仕事をやること自体悪いことではない。 むしろ、無給で働いているということだから、会社にと…

続きを読む

単身赴任はイヤだなー

最近、社内で転勤が増えている。 ほとんどが単身赴任となる。 どう考えてもいびつな家族形態となる。 ほとんど母子家庭状態だ。 子供の教育にもよろしくなかろう。 妻の負担は大変なものとなろう。 本人も慣れない土地、慣れない職場でストレスも溜まるだろうに。 その疲れを癒してくれる家族がいないとなると・・・・、私には耐えられないな。 「なんで、転勤ってある…

続きを読む

ブログのススメ

上司が転勤となった。 おかげで、私にパソコン入力の仕事が回ってきた。 ふふふふふ、でも大丈夫。 (いや、ホントは不安がいっぱい?) こういうときが来るのを見越して、ブログをやっていたからね。 ブログでパソコンに慣れていたというわけだ。 先見の明とでも言おうか。 ブログは頭の体操にもなるし、 無意識のうちに日々の生活の中でネタを探したりするから、今ま…

続きを読む

車間距離と追突事故

車の追突事故は、車間距離が短い場合と長い場合とでは、どちらが多いと思います? 普通、『短い方』と答えるでしょう。 しかし、ある調査によると、以外にも、『車間距離を長くとっている車の方が追突事故が多い』という結果が出たそうです。 なんでも、油断から、スピードを出しすぎたり、脇見をしてしまって、ぶつかってしまうらしい。 まるで、天動説から地動説になったような気分ですね。 …

続きを読む

気配に気付かぬ女性

 男と女はちがう。どちらが優れている、劣っているということではなく、ただちがう。両者に共通しているのは、種が同じということだけ。住んでいる世界もちがえば価値観もルールもちがう。・・・・・・・  この本のために集めた医学や心理学、社会学の研究成果は、すべてひとつの結論を示している__それは、男と女はちがうということだ。同じ人間というだけで、すべて平等というわけにはいかないのである。こうした男女の…

続きを読む

一人になって思うこと

息子はカブトムシの世話を、娘はアサガオの世話を私に託して、旅立っていった。 妻と一緒に妻の実家へ行った。 また、一週間ほど、一人暮らしである。 一人暮らしは正直な所、楽だ。 子供を風呂に入れなくていい。 子供のハミガキの仕上げをしなくていい。 子供を寝かせなくていい。 妻の足の裏をもまなくていい。 炊飯器のパーツを洗わなくていい。 ゴロゴロしてても文句を言う人もいない。…

続きを読む

不人気ブロガー

久しぶりの更新です。 どーも、ブログをやる気が起こらず、自動的に夏休みに入ってしまってました。 「今日も、パソコンの前には座らないだろうなあ」と、レンタルDVDを借りてきてたのですが、なぜか、急にやる気が出てきて、この記事を書いています。 そういえば、一年前のこの時期もブログができなくなったことがありました。(くわしくはこちら) どーも、お盆前後はマイブログにとって低空飛行の時期のよ…

続きを読む

「妻」と「車庫入れ」

なぜか、妻は大きなワンボックスカーを運転していた。 小さな車しか運転できないのに無謀な・・・。 案の定、駐車場に入れるとき、隣の車にこすってしまった。 「あーっ、どうするとよ、これー。知らんぷりしとくやー?」 やがて、なぜか、また車庫入れをしている妻がいた。 今度は私が誘導している。 また、隣の車にぶつかりそうだ。 しかも、隣の車はベンツ!! 「ストップ、ストップーー」 と…

続きを読む

郷土意識

私は佐賀に生まれ、18才まで佐賀で育った。 そして、今は福岡にいる。もうかなり長く、のべ14年間は福岡にいる。 たった、4年間しか違わない。 しかし、昨日、高校野球で福岡県代表の試合があったことを知らなかった。 負けたことを知っても、「ふーん、負けたかー」という程度。 これに対し、佐賀県代表の場合は試合開始前から、テレビの前に陣取って見ていた。 プレイボールの…

続きを読む

『火垂るの墓』を見た娘は・・・。

先日、妻が子供に戦時中の話を描いたアニメ『火垂るの墓』を見させていた。 「いかに自分たちが恵まれているか」といったことを知って欲しいから、などといった理由からだった。 そのことに対する是非はここでは問わない。 私自身、そのことが良いか悪いか判断がつかないからである。 さて、当の子供たちは、その『火垂るの墓』はあまり見ずにUNOで遊んでいた。 そのうち、息子は眠くなり22時過ぎには寝…

続きを読む

携帯電話に振り回される社会

『うちの親子は仲が良くて毎日のようにメールをしている』という母親がいたが、よく聞くと、子供は家出して2か月間戻ってないという。仲良し親子と呼ぶべきか崩壊家族なのか、これまでの家族の見方が通じなくなっている。 (8/4読売新聞朝刊より) 変な世の中になってきたもんだ。 母親は「うちの親子は仲が良い」と言い、 専門家は「仲良し親子と呼ぶべきか崩壊家族なのか・・・」と言っている。 私…

続きを読む

妻のたくらみ(6)

今週の日曜日の夜の10時頃、妻は洗濯機を回し始めた。 それは何の問題もないのだが、いつものように、 「絶対起こしてねー」 と言って、子供たちと一緒に寝ようとした。 子供を寝かしつけるわけではない。 確かに添い寝ではあるのだが、いつも真っ先に寝てしまうのは妻である。 子供は妻が寝かせなくても寝れるわけだ。 だから、「起こしてねー」と頼むぐらいなら最初から寝なきゃいいのに、それでも妻は…

続きを読む

ブログも夏バテ

私は暑さに弱い。 11月生まれだからか、寒さには強いが、暑さに弱い。 一方、4月生まれの妻は、寒さには弱いが、暑さに強い。 しかし、今年は、さすがの妻もこの暑さにまいっている。(年のせいか?) 普段はエアコンのスイッチを入れない妻が、今年は「冷房入れようか~」と言ってくる。 というわけで、夫婦二人とも、最近は調子がイマイチ。 日曜日なんか、妻も私も昼寝を2時間以上もしてしまっ…

続きを読む

兄弟はいた方がいい。

先日、息子がサッカーの合宿に行った。 一泊二日の日程だったから、まる二日は家にいなかったことになる。 だから、一時的に3人家族となった。 寂しいネー。 非常に静かなのだ。 車の中でも、家の中でも。 いつもは兄妹で、笑いまくり、遊びまくり、時にはケンカもする。 とにかく、うるさい、うるさい。 我が家は家族みんな声が大きいから、なおさらだ。 それが、息子がいないだけで、シー…

続きを読む