裕福な環境は人間をダメにする?

7月28日付読売新聞朝刊に「勤労観」世論調査が載っていた。 ニート増加の原因については、「親が甘やかしているから」55%がトップ。 漫画家の弘兼憲史も、「日本が裕福になり、親が養ってくれるからだろう。恵まれた時代に育ち、自立するという自覚が若者にないからだ。日本の今後を考えると極めて不安だ。子供に良い目を見させると、ろくなことはない」と手厳しく語っている。 この記事を読んで、私は幕…

続きを読む

女性の時代

テレビ東京の『ワールドビジネスサテライト(7/29)』で、女性の社会進出の特集をやっていた。 上場企業の女性経営者が増えている。少子高齢で労働力の減少が待ったなしの日本で企業は女性の力をどう活かすのか。三洋電機野中ともよCEO生出演。「女性経営者の時代」を討論。 27才の女性店長が出てきたり、優秀そうな女性がずらりと映し出され、何か見ていて楽しくなった。 「日本の未来は明るいなあ」…

続きを読む

日本女性の歯並び

水泳の世界選手権をテレビで見ていて、非常に気になったことがある。 それは女子水泳選手の歯並びの悪さだ。 以前、クイズ番組で、「外国人の日本人女性に対する悪いイメージは?」という問題があった。 その答えは、『歯並びが悪い』ということだった。 なぜ、日本人の女性に、歯並びが悪い人が多いのだろう? 人種的にも近いお隣の韓国の女性は、歯並びは非常にきれいだと思うのだが・・・。 かくいう私…

続きを読む

真夏のサンタさん

先日、息子と風呂に入っていたら、なぜか息子がサンタさんのことを話し始めた。 「なんで、サンタさんはボクには欲しい物をくれんっちゃろか?B君もH君も欲しい物をもらえたとにー」 この質問には、サンタさんである私は、 「さあ、なんでやろねー」 と答えるしかなかった。 「今年もサンタさんは欲しい物をくれんちゃろねー」 これには、待ってましたとばかりに、 「そうやねー、もう、サンタさんには期…

続きを読む

夏休みの「母」と「息子」

「今日から夏休みだが・・・」でも書いたけれど、息子は夏休みの昼間は家に一人ぼっちだ。 しかし、昨日は、小学校のプール当番だったので妻は仕事を休むことになった。 そのことを知った息子は妻に聞いた。 「お母さーん、今日はウチにおるっちゃろー?」 それに対して妻は、 「お母さんはプール当番だって言いよるやろー、家にはおらんったい!」 しばらくして、再び息子は同じ質問をした。 「お母さ…

続きを読む

母 VS 娘

「靴が買えないお父さん」のその後・・・・。 家に帰った後、妻から電話があったので、 「CIEのサンダル買ったけん」 と報告した。すると、 「いくらしたー?」 と聞くので、 「ん~、2,000円ぐらいよ」 と言うと、 「えーっ、そんなにしたとね!」 だって。 私は別に高くないと思ったのだが、やっぱりそういったものは、妻の方がきっちりと相場を知っている。所詮、私は兼業主夫もど…

続きを読む

靴が買えないお父さん

私の靴がボロボロになった。 2ヶ月ぐらい前の話である。 だが、服・靴・かばん類を買うのは苦手な私である。 自然と先送りになった。 だが、その1ヶ月後、息子の靴を買いに行くことになったので、「ついでに自分の靴も買うかー」と、靴屋さんに行った。娘も連れて・・・。 この娘も連れていったのがミステークだった。 息子の靴を選び終わったところで、娘が泣き出したのである。 「お兄ちゃんだけ、…

続きを読む

「ジャックと豆の木」のモデル

『ジンベイ』と『マ・メール』で書いたけれど、6/19の父の日に、子供たちからマ・メールをもらった。 そのマ・メール君はすくすく育ち、今や私よりも背が高くなり2メートルぐらいになっている。 まだ一ヶ月ちょっとしか経っていないのに2メートルである。 なんという成長の早さ! 「一体どこまで大きくなるんだろう?」と興味が出て、マ・メール君の本名「ナタマメ」で調べてみた。 すると・・・・。 …

続きを読む

スパムトラックバック

先日、本屋でブログの本を立ち読みしていたら、 【メジャーなブログになってきたら、スパムまがいのコメントやトラックバックが来る・・・】 みたいなことが書かれていた。 「オレのブログはメジャーじゃないから関係ないや」 と、思っていた矢先、 昨日・・・・・・・来てしまった。 もう一つのマイブログの方へ、卑猥なタイトルのトラバが4件も。 速攻で削除したけれど、数時間後、また2件来た。 …

続きを読む

今日から夏休みだが・・・

小学校が夏休みに突入した。 今年は猛暑で、校舎の中は暑くてたまらなかったらしいから、子供たちにとっては待望の夏休みだろう。 しかし、妻にとっては憂鬱な夏休みの始まりだ。 それは、毎日、息子と娘のお弁当を作らなければいけないからだ。 今までは私の弁当だけだったから、毎日作る必要はなかった。 さぼりたければ、いくらでもさぼれた。 それが、必ず作らなければならいのだ。 人によっては、菓子…

続きを読む

喫茶店は絶滅寸前?

先日、家族4人でマクドナルドで食事をしたときのこと。 店内にはいつものように、家族連れと若者がほとんどだったが、その日は50~60代のおじさんが一人いた。 そのおじさんは、コーヒーを飲みながら文庫本を読んでいた。 「こんな所でくつろげるのかなあ?」 と思ったが、よく考えるとどうしようもないのである。 この近所で喫茶店を探すのは至難の業なのだ。 待てよ、『喫茶店』という言葉自体、存在す…

続きを読む

耳そうじ

息子と娘には、一週間に一度の楽しみがある。 それは耳そうじをしてもらうことである。 誰に? 普通は母親がするのではなかろうか。 しかし、我が家では、父親である私がやることになっている。 なぜ、妻はやらないのか? 昔、妻は、義妹の怪我した後のかさぶたを見ると、いてもたってもいられなかったらしい。 義妹が寝ている間に、そのかさぶたをはがしてしまっていたというのだ。 今でも、私…

続きを読む

時給500円

2週間ぐらい前に、日本○サーチ△ンターからアンケート(調査?)のお願いが来ており、妻から「今度は絶対書いてよね~」と何度も言われていた。 前回は、私が書こうとしないものだから、仕方なく妻がやったのだった。 しかし、どうして妻は日本○サーチ△ンターからのアンケートに執着するのか? 答えは単純明快。 謝礼欲しさである。 だから、妻はしつこく何回も催促してきた。 それでも、面倒くさ…

続きを読む

あきれた運転

車で家族4人移動中、前を走る車が遅かったので追い越した。 すると、娘が言った。 「ねえ、さっきの車の人、新聞を読みながら運転しとんしゃったよー」 やがて、信号が赤になり、再びその車が隣に来たので、家族全員確認することができた。 皆、驚いた。 ハンドルの所に新聞?(学校だよりみたいな感じだった)を置いて読んでいる。 停車中だけではない。 その人は発進後も読んでいた。 ページもめ…

続きを読む

日本語は難しい。

・・・・・白状します。 私は『女王』を【じょうおう】だと思ってました。 『徹頭徹尾』を【びとうびび】と読んでました。 その読み方が間違っていることを教えてくれたのは、パソコン君でした。 ブログで記事を入力中、【じょうおう】と、【びとうびび】と入力して「へ~んか~ん」しても出てこなかったのです。 「エッ!」と自分の間違いに気付く瞬間です。 よ~く漢字を見ると、私…

続きを読む

誤字だらけ

文化庁が『国語に関する世論調査』を発表したことが頭にあったからか、仕事中、日本語について「いい加減にせいよー」と思うことがあった。 私が勤める会社は、日本語とは切っても切り離せない。 日本語を商品にしていると言ってもよい。 この当社に、仕事を持ち込む人たちがいる。 その人たちに、漢字を間違える人が多いのだ。 私たちの仕事は、基本的に依頼主の指示通りに作ることになっている。 だから…

続きを読む

レギュラー2,000円

以前、我が家はガソリンの支払いはではカードで済ませていた。 そのせいか、あまりにも一ヶ月のガソリン代が高くついた。 妻が車に乗りすぎていたのであった。 だから、当時、家計簿をつけていた私は一策を講じた。 カードを妻から取り上げ、現金払いに変えさせたのである。 すると、効果てきめん。妻はガソリンを満タンで入れることが無くなった。 最初は、10リッターとか、1,000円分とか入れていたよ…

続きを読む

子育てと仕事の両立に苦しむ夫

もちろん、このタイトルの夫とは私のことではない。 読売新聞朝刊で連載中の記事に載っていた人のことだ。(かなり前、4/8付け朝刊の記事です) 『診療所に駆け込んだ40代前半の会社員は、「このままでは、だめになりそうです」と涙を流した。 残業を終えて帰宅すると、子供の服の洗濯や掃除が待っている。朝になれば子供を保育園へ。大手企業に勤める妻も仕事が忙しい。愚痴もこぼせなかった。』 「こ…

続きを読む

この話は本当かな?

先日、妻が小学校の女性の先生の情報を仕入れてきた。 とにかく、その先生はひどい人だと言う。 その先生が担任になってしまったら、一年間我慢をするしかないらしい。 それだけ、父兄が何を言っても変わらない先生だということだ。 具体的には、 ・忘れ物をした児童は、クラス全員の前でつるし上げられる。 ・雑巾が汚かったので、「家で洗ってきなさい」と言い、濡れたままランドセルの中に入れさせた。…

続きを読む

妻のたくらみ(5)

留守番中の私に妻から電話がかかってきた。 妻:「帰るのは1時ぐらいになるけん」 私:「ご飯はどうすると?」 妻:「お寿司にしようと思ってるけどー」 私:「ふ~ん、じゃあ、LISAが帰るまで待っとた方がいいね」 妻:「いやー、MOBI。が作ってもいいけど~」 私:「オレは作れんヨ」 妻:「作れるって、簡単っちゃけん」 私:「い~や、作らん、じゃあね、待っとくけん」 ガチャ…

続きを読む

元気がない?朝の小学生

先日、早めに会社に行くことになったので、登校中の小学生たちを見かけることとなった。 「しかし、待てよ。私の息子と娘はだいぶ前に家を出たぞ。まだ、間に合う時間なのか?」と思って、時計を見ると8時15分を過ぎようとしている。 小学校へは8時25分までに行かないとダメなはずなのに、ほとんどの子供たちは急ぐわけでもなく、ゆ~っくり歩いていく。 中には立ち止まって鼻くそをほじくっている子もいた。 …

続きを読む

「ハムスター」の前の「カブトムシ」

昨日、つがいのカブトムシが届いた。 息子が楽しみにしていたカブトムシだ。 新聞に、カブトムシの通販をやっている長崎の農家の記事が載っていたのを見て、注文していたものだ。 実は、このつがいのカブトムシから幼虫が産まれると、次はハムスターを飼うことになっている。 最初、息子は 「お父さーん、ハムスター飼っていいやろー」 と言ってきたのだ。しかし、私は、 「ダメ!どうせ、世話しき…

続きを読む

省エネの天敵

私は省エネに熱心だ。 電化製品なら、消費電力が少ないもの、オートオフ機能がついた物などを優先的に買う。 車にも極力乗らず、自転車か歩く。 だから、家の中でもほとんど無意識のうちに、家の中の照明・換気扇・テレビなどの電源をOFFにしていくし、コンセントなども抜いていく。 父親がこうだから、息子も娘も自然と部屋を出るときなど、きちんと電気を消していくようになった。 しかし、ここ…

続きを読む

「ボロアパート」と「日本の行く末」

10年前まで、数年間東京で学び、働いていたが、私は山手線の中に住んでいた。 ほとんどの同級生、同僚は埼玉、神奈川、茨城、千葉に住んでいたが、私はあえて都内のアパート暮らしを選んだ。 なぜか。 満員電車が大嫌いだったからである。 また、1~2時間もの通学・通勤時間がもったいなかったからである。 ただ、都内の普通のアパートとなると非常に家賃が高い。 私のかすかな記憶では、北区の新築の…

続きを読む

ブログ一周年

ちょうど一年前のこの日、ビンゴゲームのボーナス数字が欲しかったばかりに開設したこのブログ。 仕方なく、無理矢理書いた記事だったから、たった6行の文章だった。 それで終わるはずだった。 自然消滅する運命の筈だった。 しかし、その1時間後にコメントをもらってしまった。 ネット生活を全く経験したことの無かった私にはよく効いた(笑)。 子供のように喜んでしまった。 このたった1件のコメ…

続きを読む

『ラーメンの替玉』ってありますか?

一昨日、ローカルテレビで、『ラーメンの替玉』に関する番組をやっていた。 それを見た妻が言った。 「そうそう、私、『ラーメンの替玉』って福岡に来て初めて知ったのよ。他の所にもあるとー?」 私は福岡で生まれたわけではなく、福岡在住の期間も長いわけではないが、ラーメンに替玉があるのは当たり前だと思っていた。 ただ、私は替玉を注文したことがほとんど無い。 だから、私は今まで佐賀、静岡、東京…

続きを読む

半日父子家庭

昨日、妻の仕事が夜に入ることになったため、私が早く仕事を切り上げ、子供たちの世話をすることになった。 22時過ぎには子供たちは無事寝たが、正直、きつかったなあ。 私が帰ったときは子供たちはご飯を食べ終わっていたし、私がやったことといえば、子供を風呂に入れたことぐらい。 ただ、21時半になって、娘が宿題をやっていないことが発覚。 娘に眠気が襲っていたこともあり、なかなかはかどらず、とう…

続きを読む