バナナアレルギー

今、私が所属する部署はパーケージ・包装関係を扱っている。 その中でも食品のパーケージが多いのだが、それにはアレルギー表示がされている。 「原材料の一部にさば、卵、大豆を含む」といった様に。 対象の品目数は今まで24品目だったのだが、最近1品目が追加された(厚生労働省の薬事・食品衛生審議会表示部会による)。 それは『バナナ』だという。 「バナナアレルギー?」 私は全く知らなかっ…

続きを読む

「ライオンボーイ」を読み終えた。

「TVゲームから読書へ(NHKニュースより)」で書いたように、息子はサンタさんから1冊の本をもらうこととなった。 タイトルは『ライオンボーイ 消えた両親の謎』(ジズー・コーダー著)。 ハードカバーで459ページもある本だ。 最初はあまり関心を示さなかったので、まず、私と妻が読み聞かせることにした。 しかし、徐々に面白くなってきたようで、 「ねえ、『ライオンボーイ…

続きを読む

仮性近視と買い物話

去年の夏頃だったと思うが、息子が学校での視力検査の結果を持って帰ってきた。 具体的な数字は出されておらず、たしか「Cランクだから病院で再検査を受けてください」といった内容だったと思う。 で、眼科で検査を受けたところ、『左0.1、右0.3』だった。 大ショック。 私自身、目を酷使してきたから目が悪い。 この目の酷使、息子にも遺伝していた。 とにかく常に何かを見ていないと気が済ま…

続きを読む

長所をみる。

「読書における初体験」に出てきた本『世に棲む日々』の主人公の一人である吉田松陰は自分の性格について、 「自分は人の悪を察する能力がなく、ただ人の善のみを見ようとしている。」と言っている。 「!!!!こんな人がいたのか?」と驚嘆する思いである。 この本の作家の司馬遼太郎にいたっては、「こういう若者が地上に存在したということじたいが、ほとんど奇蹟に類するふしぎさというよりほかない」とまで言…

続きを読む

2652ページ読破にチャレンジ!

1月23日、我が家に一冊の本がきた。 私が今まで見たこともないようなボリュームのある本だ。 A4変形サイズで2652ページもある。 厚さを測ると、実に70㎜。 妻の薦めもあったが、その堂々たる本を見ていたら「読破してみたい!」という欲求が湧いてきた。 それでもその膨大な量に気後れし、躊躇し、2日後の1月25日からとりあえずスタートした。 そして、今日(1/26…

続きを読む

読書における初体験

今月の始め久しぶりに本を買った。 何ヶ月振りかなあ。ひょっとしたら、何年振り? 別に本が嫌いなわけではない。 むしろ、逆で、私は本が大好きな人間だ。 小学生の頃、「図書館の本を全部読んでやれ」という野望を抱いたこともあるくらいだ。 久しく本を買ってなかった理由はなんだろう? 一つには結婚が上げられるだろう。 一つ屋根の下に妻がいるのに、一人本を読むバカはいまい(ちょっと、これは…

続きを読む

節約話(駐車場編)

先週、家計簿の話をしたついでに、節約話というかせこい話をひとつ。 1/16(日)に市内の六つの保育園が集う音楽発表会があったのだが、その発表会に娘が出ることになり、家族4人で出かけることになった。 交通手段は車がベストということで、車をどこに止めるかということが一番の問題となった。 ネットで調べてみると、音楽発表会が行われる市民センターには無料駐車場は20台分しか無いとあった。 隣の…

続きを読む

「離婚で母子家庭 急増」について

今朝(正確には昨日の朝)の新聞で、母子家庭の急増を、特に「離婚」による母子世帯が50%増の97万8500世帯に急増していることを知った。 悲しくなった。特に母子家庭の子供のことを思うと悲しくなる。 ウチの子供は私と妻が揃っている時が一番楽しそうにしている。 私が欠けてもダメだ。 妻が欠けてもダメだ。 「寂しい」と口に出すことは少ないけれど、どちらかがいないと自然と口数が少なくな…

続きを読む

車のバンパーが開かない????

妻:「今日ね、○○さんの車のバンパーが開かんやったとよー」 私:「バンパーが開かん?何のこっちゃ?」 妻:「だけん、○○さんの車ってボロボロやろ、バンパーが開かんやったと!」 私:「?????ドアのことば言いよーと?」 妻:「ドアじゃないよ、エンジンが入っている所の・・・・」 私:「バハハハハー、そーれーはー『ボンネット』って言うとー!!」 妻:「#$%&’(…

続きを読む

男は家計簿を付けるべきではない。

「赤字の家計簿と、「脱」車(我が家の実態)」で、述べたような妻だったから、あるとき私は妻に言った。 「あんまり、車に乗るなよー、自転車でも行けるやろー」 すると、妻は逆切れして沈黙状態(妻は怒ると無口になるのです)。 やれやれ、と私も沈黙。こんな時はほっとくのが一番。妻は喜怒哀楽が激しいだけで怒りの状態は長くは続かないのです。時が解決してくれる。 これって『育ちの差なのかなあ』と思う…

続きを読む

赤字の家計簿と、「脱」車(我が家の実態)

1年前、元旦から家計簿を私は付け始めた。 3年前に買ったパソコンに家計簿ソフトがプリインストールされていたから、使わないともったいないと思ったからであり、妻が家計簿を付けても我が家が赤字か黒字かさえ分からなかったからである。 また、私に内緒で20万円の絵画を買ったことがある経歴の持ち主の妻対策でもあった(笑)。 通帳残高、500円玉貯金、財布の中の現金をすべて調べ、妻と結婚して初めて我…

続きを読む

お巡りさんに許してもらう男

私は過去3回だけお巡りさんの厄介になったことがある。 いずれも道路交通法違反で。 3回とも20年ぐらい前のことになる。 1回目は見知らぬ街へ友人と出かけたときのこと。 大きな交差点を左折したかったのだが、左折専用道路に気付かず通り過ぎてしまった。 「やばっ」とあせってパニックになった私は、こともあろうに歩道を使って左折してしまった。 そして、左折した目の前にはなぜか、お巡りさ…

続きを読む

親の世話はどうしてますか?

正月、実家に帰ったわけだが、祖母、母、姉、妹、私、妻(アレ?!男は俺だけやん。男が短命の家系らしいです)が揃っていろいろ話しをしていると、家のことをどうするかという話になった。 露骨にいうと、祖母が他界して母一人になったらどうするか、ということだ。 姉も妹も他の家に嫁ぎ、私は隣の県に住んでいて、父は数年前に他界している為、今実家には祖母と母の二人暮らしだからだ。 一般的な流れでいくと、…

続きを読む

ユニクロに外車がぞくぞく

去年の暮れ、妻が服を買いたいというので、ユニクロまで一緒に出かけた。 私は風邪気味だったので、店内には入らず車の中で休んでいた。 年末と言うこともあり駐車場は常に満杯。 車を誘導する方が大変忙しそうだった。 我が家の車が止まっていたところは、駐車場の出入り口のところだったので、来店する車が自然と目に入っていたのだが、驚いた。 3台に1台ぐらいは外車が入ってくるではな…

続きを読む

うまくいかない夫婦とは?

今日は夜中の零時過ぎまで仕事だった。 まだ、今年が始まったばかりだというのに。 おかげでこんな時間にブログだよ。 まあそれはいいとして、仕事始めの日の同僚との話。 私:「今日は会社に来たくなかったヨ~」 同僚:「私はあんまり家にいたくなかったんで、そうでもないですよー。」 私:「えー、なんで?」 同僚:「家にいると疲れてしまって。」 私:「あ~、1才の子供がおるけんね~」…

続きを読む

やっと、ブログ始動

もう、今日は日付が変わって1月6日。 実質、これが今年初めてのブログだ。 去年の終盤の妻は多忙で、家にいないか寝ているかのどっちかだったので、大いにブログに時間を割くことができたのだけれども、年が明けたら妻がヒマになりいつも家にいて夜も起きていた。 そして、妻は私がパソコンばかりやっていると機嫌が悪くなる。 一昨年なんか、私が年賀状づくりに悪戦苦闘してたのに、「パソコンば…

続きを読む