「NHKスペシャル 出生率」について

NHKスペシャル「データマップ 63億人の地図 第7回 出生率 ~女と男・支えあう未来へ~」をビデオにとって見ましたが、ちょっと、期待はずれでした。 「何か、違うな」と。 例えば、デンマークでの、「子供とお父さんの集まり」。何か、いびつで、本来の人間のあり方からずれているのでは?と思わされました。そして、なによりも美しくない。抜群の美的センスの持ち主である神様は、ああいう風には人間を…

続きを読む

からだの過保護もほどほどに。

「物は壊れるまでは使いましょう。」について いずらんさんより、「炊飯器の内ぶたを洗わないのは、長持ちどうこうよりも衛生的に良くないですね(^^; 」とのコメントをいただきました。おっしゃる通り、妻がやってることは不衛生なところがあり、他にもいろいろと思い当たる節があります。 ところが、不思議と家族全員健康なんですよね。 私なんか胃腸が弱いものだから、独身の時は正露丸が常備薬だったんです…

続きを読む

3日目でやっと買えた「アイロン」

「アイロンが故障した」MOBI。家の場合の続きです。 帰宅後、どうしようと悩んで(こんなことで、大の男が悩むな!っていうの:笑)、カタログを再度見始めたが、予算を上げないことにはどうにもならない状況だ。 そこで、ふと思い出した。通販生活の『ピカイチ事典』の存在を。 「あれに、アイロンって載ってたかな~?」と、ページをめくっていくと、あったあった。 『T-FAL アバンティス』。「どう…

続きを読む

「アイロンが故障した」MOBI。家の場合

「アイロンが故障した」について これは、たった一つのアイロンを買うのに悪戦苦闘した一人の男と、そんな苦労を全く知らない女の物語である(大げさでスミマセン。プロジェクトXが好きなもので・・・・・)。 5月9日の日曜日に私がアイロンをかけていると、まず、スチームが出なくなった。「おやっ?」と思ったが、気にせず続けていると、今度は水がポタポタとタレてきた。「こりゃいかん。」と触ってみると、…

続きを読む

「私」と「SONY」の相性

すみません、これは悪口・愚痴みたいなものです。これを読んで不愉快な思いをしてしまうかもしれません。 基本的に、私は人の悪口は心では思ってしまっても、極力、口にしないように心がけているつもりなんですが、これは、メーカーに対するクレームだからいいかなと。 しかも、あえて実名を出しました(いいのかな?)。このメーカーが好きだから。品質を高めて欲しいから。(私だけの希少なケースかもしれないけど) …

続きを読む

achabi。さんへの返事(?)です。

「「reply : 死の意識」について」について achabi。さん、あったかいコメントありがとうございました。読んだ後、言霊(ことだま)という言葉を思い出しましたよ。言葉というものは不可思議なところがあります。 それで、返事になってないですけど、「霊界は信じてない」ということですが、あえて、もうひとつ話をしたいと思います(しつこい?:笑)。 「人が死んで霊界に行く」というのは、「…

続きを読む

「reply : 死の意識」について

「reply : 死の意識」について お断り:できれば、achabi。さんのブログのコメントだけにしておきたかったんですが、文字数オーバーでトラックバックになってしまいました。皆さん、恥ずかしいので、この記事はあまり読まなくていいですよ。 ちょっとポイントがずれているかもしれませんが、「こういう考え方もありますよ」ということで、ちょっとコメントをさせていただきます。ある人から聞い…

続きを読む

物は壊れるまでは使いましょう。

「気がつけば5日ぶり・・・」について 我が家も現在炊飯器が「壊れて」はいないのだけれど、使い勝手が非常に悪くなってます。 どうなってるかといいますと、ご飯をよそおうと勢いよく外ぶたを開けると、普通はそこに白いご飯が見えるはずなんですが・・・・・。 我が家の炊飯器の場合、外ぶたを開けるとご飯が見えずに、まず、内ぶたが見えるんですな~。 外ぶたにくっついているはずの内ぶたが本体にのっかっ…

続きを読む

風邪と仕事と危険運転

9/8(水)の夜 喉が痛くなった。それでも、そのときはそんなに気にならず、「明日になれば痛くなくなるだろう。」ぐらいにしか思ってなかった。 9/9(木) 朝起きても喉は痛かった。それでも、体を動かす内に痛みは引くだろうと思っていたが、ダメだった。体もだるくなってきた。ダメだ、風邪を引いてしまった。それなのに仕事は猛烈に忙しかった。気づいたら職場には誰もおらず私が一番最後になってた。そのとき…

続きを読む

今朝、交差点で見たもの

今朝、チャリンコで通勤途中信号待ちしてたら、一台の車の光景が私の目に飛び込んできた。 30代ぐらいの女性の方が運転していたのだが、なんと幼児を抱っこしたまま運転しているではないか! 事情はわからない。子供は寝ている様子だったし、お母さんの表情も硬かったから、なんかしらの理由があったのかもしれない。 でも、危ないよ! もし、追突したら? エアバッグが開くよ。 子供はお母さんとエ…

続きを読む

人は生きているだけで誉められる存在

「「自殺 最悪3万4427人」について」について 長男が小学校からあるプリントを持って帰ってきたのですが、良いことが書かれてあったので、ブログにも載せときたいと思います。 「永遠の仔」「家族狩り」の作者天童荒太さんが婦人公論にエッセイを載せられていて、その中に次の言葉が書かれていたそうです。 『人は生きているだけで誉められる存在である。なぜなら人は生きているだけで必ずだれかの支えに…

続きを読む

そういえば、前にも同じようなことが・・・・。

「我が家の新車がーーーー!!!!」について 思い出した。そういえば、前の車のときも妻はやっちゃてたんだった。 保育園の運動会があった頃だったから、7年前のちょうど今頃だっただろう。 長男も大きくなり「そろそろ車を買おうか~」ということになり、マツダの車を購入した。そして、納車後、2週間後の話になる。 会社から帰宅した私に、妻は憤った顔で言った。 妻:「ねえ、車を傷つけられたとよ…

続きを読む

我が家の新車がーーーー!!!!

「ブログ名を少し変えました。」について 一ヶ月ほど前、ついにやってくれました。バンパーにガリガリと(涙)。 やはり、「一年間無傷で」というのは妻には無理な注文だったようです。 妻の言い訳曰く、「ウチが車を止めている場所の前の壁は平らでしょ。でも、ぶつけた所の壁は平らじゃなくって、凸凹に石が飛び出てたのよ~。仕方ないでしょう?」 俺:「はあ~?何だそれ!」 石が飛び出てようがいま…

続きを読む

もっと歩こうよ!もっと自転車に乗ろうよ!

9月に入り、また、ガソリンが急騰した。レギュラーで120円前後のところが多くなっているという。 家計も圧迫し「秋の行楽シーズンを手控える動きが出る可能性もある」と、影響を心配する見方も出ている、らしい。 心配?見方を180度変えればいいことだと思うけど。 車に乗るのを控えれば、石油消費が減少し、その分だけ二酸化炭素の排出も減少するわけだ。 その結果、地球温暖化防止に貢献できる。 …

続きを読む

「冬のソナタ」より「秋の童話」

お断り:私は「冬のソナタ」も「秋の童話」も少ししか見たことがありません。それなのにこのタイトルで書こうというのですから適当な話です。「冬ソナ」ファンの方は怒らないでね。 「秋の童話」を知らない人もいるかもしれないので、最初に概略を説明しますと、 韓国ドラマの巨匠ユン・ソクホ監督が、「冬のソナタ」、「夏の香り」に先がけて放った《四季シリーズ》第一作「秋の童話」。韓国KBSで放送…

続きを読む

「ムシキング」について

「ムシキング」について 我が家の長男もムシキングに一時期はまってましたが、ダイエーで催されたトーナメント大会であっさり初戦敗退して(笑)、それから興味が無くなったようです。もう友達もやってないと思います。 遊戯王のカード集めも熱心にやってたけど、今はもうやってないんじゃないかな? カード集めの対策としては、ウチでは小遣いを決めてその範囲内で買うようにさせました。どうしても他の子よりはカ…

続きを読む

「秋眠 暁を覚えず・・・・」について

「秋眠 暁を覚えず・・・・」について totomaruさんのケースとは違うんですが、我が家では・・・・ 妻は朝型人間なので夜にめっぽう弱い。私が夜遅く仕事から帰った時など、起きてきてかろうじてご飯は作ってくれるんですが、その後はもうダメ。アルコールは飲まない妻ですが、酔っぱらいと同じです。 お菓子を食べた後(笑)、TVを見ながらソファでゴロン。そのままスヤスヤと大口を開けて寝ていま…

続きを読む

「7人家族」から「4人家族」へ

9月2日早朝、義妹と姪と甥がニューヨークへ帰っていった。 およそ2ヶ月間の日本滞在だった。 その2ヶ月の間私は一生分怒ったのではないか、といえるぐらい姪と義妹に対して怒ってしまった。(義妹に関しては本人ではなく、義妹の行動を許した妻に怒ってしまった。) それぐらい、強烈な個性の持ち主たちだったということ。 これを端的に表しているのが2日前電話で妻に言ったという義父の言葉。 …

続きを読む

「アカルイミライ」について

「アカルイミライ」について スポーツとニュース以外はあまりテレビを見ない私ですが、毎週火曜日の「ガイアの夜明け」は毎週予約録画して見ている好きな番組のひとつです。 「スワンベーカリー」のときも妻と一緒に見てました。神戸にある精神障害者作業所の代表の女性を見て、「あー、すごい人がいるんだな~、福井でのボランティアの人たちといい、日本もまだまだ捨てたもんじゃない。」と素直に思わされたもんです…

続きを読む